骨美容®︎(ほねびよう)のこと。ゆりクリニック

港区田町駅前のゆりクリニック院長のブログです。

おかげさまで一周年☆

         f:id:yuriclinic:20181106142739j:plain

 

おかげさまで、ゆりクリニックは本日開院一周年を迎えました。

支えてくださったすべての皆様に心より感謝申し上げます。

これからも日々の研鑽を怠らず、患者さんの立場に立った正しい医療をご提供できるよう精進いたします。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

ゆりクリニック

院長 矢吹有里

 

 

第20回日本骨粗鬆症学会@長崎


 f:id:yuriclinic:20181029120028j:plain f:id:yuriclinic:20181030104146j:plain

 

週末は長崎で行われた第20回日本骨粗鬆症学会に参加しました。骨粗鬆症のいちばん大きな学会で年々参加者が増えている印象です。

今年は「骨代謝マーカー」という、血液検査や尿検査で体の中の骨の代謝状態をみる検査についての教育的な講演が数多くあり、私も知識のおさらいができてとても有意義でした。

 骨は硬くてじっと動かないようにみえますが、実は中では毎日古くなった骨を壊して、新しい骨を作ることを絶えず繰り返して生まれ変わっています。これを骨の代謝とかリモデリングといい、血液検査で調べることができます。この骨代謝のバランスを保っているのが女性ホルモンで、更年期を迎えて女性ホルモンが減少すると、骨を壊す方が多くなって、一生懸命骨を作っても追いつかずに骨がスカスカになってしまうのです。

 骨粗鬆症の診断は骨密度検査で行います。それに加えて血液検査で現在の骨の代謝状態を調べると、患者さんひとりひとりに合った治療法を選択することが可能です。骨密度はかかとや腕で測ることも多いのですが、薬剤の選択や治療効果を判断するためには、腰椎と大腿骨で測るDXA法が唯一エビデンスのある方法です。

 ゆりクリニックでは、このDXA法装置で骨密度を計測し、同時に血液検査を行ってその方に適した治療法を選択しています。

 

骨密度が気になる方はお気軽にご相談くださいね。

 

                             f:id:yuriclinic:20181029130117j:image

写真は少し前の夕食。

秋刀魚を梅干しと一緒に圧力鍋で煮て骨までまるごといただきました。つけあわせは小松菜、たっぷりカルシウムの骨美容®︎メニューです💀

 

ゆりクリニック

院長 矢吹有里

10月20日は世界骨粗鬆症デーです☆

 

 

     f:id:yuriclinic:20181002155244j:plain

10月に入り一気に秋らしいお天気となりましたね🍁

来たる10月20日「世界骨粗鬆症デー」です。骨粗鬆症で骨折をきたす人は、50歳以上の男性では5人に1人、女性では3人に1人です。もしこれが何かの抽選だったら、なんとなく当たりそうな気がしませんか?…を表しているのがこの啓発ポスターです。

 

毎年10月はご自身の骨の健康について考えるひと月に。これを機会にぜひ骨密度を測ってみましょう。ゆりクリニックのDXA全身型骨密度装置は、たったの5分で背骨と大腿骨の骨密度を調べることが可能です。もちろん保険適応です。気になる方はぜひお気軽にご相談くださいね。

 

まずはご自身の骨密度を知ることから。

老け顔対策にも、

丸いお背中対策にも、

更年期のお年頃の方も、

わたしたちと一緒に今すぐ骨美容®︎を始めましょう✨

 

ゆりクリニック

院長 矢吹有里

人工股関節の手術を受けられた方へ ーステッカーできました!ー

yomidr.yomiuri.co.jp

人工股関節の手術を受けられた方に耳寄りなお知らせです。

人工股関節の手術を受けると、海外空港の保安検査場で金属探知機に反応してしまうことがあり、場合によっては別室で検査を受けるなど時間がかかったり煩わしいこともあるため、患者さんからはどうしたらいいのか相談を受けることがたびたびありました。

これまでは人工股関節が入っているというオフィシャルな証明書などは特に存在せず、人工股関節の医療機器メーカーが独自に作成しているものに記入したり、主治医が英文で診断書を作成したりして対処してきました。

このたび、日本股関節研究振興財団で患者さんが旅行の際に持っていける人工股関節ステッカーを作成したそうです!以下のホームページから申し込んで郵送してもらうことができます。

 

HJFJ人工関節ステッカーページ | 公益財団法人 日本股関節研究振興財団

 

せっかく人工股関節手術を受けて痛みから解放され自由に海外旅行へ行けるようになったのに、保安検査場が心配で旅行をためらっている方は、ぜひご活用くださいね。

 

追記:ゆりクリニックでもこのステッカーを少しですが分けていただけることになりました。どうぞお声がけください。

 

ゆりクリニック

院長 矢吹有里

骨粗鬆症医療連携フォーラム@品川

         f:id:yuriclinic:20180908101836j:plain


昨夜は品川で骨粗しょう症の医療連携フォーラムでした。

以前一緒にお仕事をしていた慶應義塾大学整形外科・岡田英次朗先生のご講演。骨粗しょう症による背骨の圧迫骨折の最新の治療方法や、その後の医療連携の大切さなどについてのお話でした。

岡田先生は、圧迫骨折に対するBKP(Balloon Kyphoplasty=経皮的椎体形成術)の第一人者です。BKPとは、圧迫骨折を起こした背骨に細い管を通して風船を入れ、骨折で潰れてしまったところを膨らませて、骨セメントを注入し固める治療法です。傷も小さく局所麻酔で短時間で済み、骨折による痛みをすぐに和らげることのできる、患者さんにとっては負担の少ない治療法です。

骨粗しょう症の治療は、骨折を起こさないことが最大の目標ですが、残念ながら骨折を起こしてしまった場合も、このように適切な治療を行うことで、寝たきりとなるのを防ぐことができます。

そして、骨粗しょう症による骨折の治療は手術をすれば終わりではありません。一度骨折をした方は次々に骨折を引き起こすことが多く、これを「骨折の連鎖」と呼びます。これは絶対に予防しなければなりません。そのために手術後もかかりつけ医との連携をしっかりと行い、内服薬や注射などで治療を継続することがとても大切なのです。

 骨粗しょう症の治療はこつこつと、根気よく続けましょう。

 

ゆりクリニックでは、更年期のころから皆様に骨粗しょう症に関心を持っていただくための「骨美容®︎」をご提案しています。

骨密度が気になる方はぜひご相談くださいね。

 

ゆりクリニック

院長 矢吹有里

日本美容皮膚科学会に参加しました

           f:id:yuriclinic:20180807094451j:plain


週末は東京フォーラムで開催された第36回美容皮膚科学会に参加し、美容皮膚科領域の最新の治療やスタンダードな治療などについて幅広く発表を聞きました。個人的にはヒアルロン酸をはじめとするさまざまな注入剤とその使い方のポイント、自動注入用の器具や、PRP療法についての最新の知見など、知りたかったことをより深く知ることができとても勉強になりました。特に顔面の骨萎縮がある場合の靭帯を支える注入方法は、骨美容®︎︎︎の面からもとても理にかなった注入方法だと確認することができました。

こうして一度に新旧さまざまな治療方法をみると、新しい治療には目を奪われがちですが、効果がまだはっきりとわかっていないものや、商業目的のものがあることも事実です。一方長年行われてきたスタンダードな治療法は、それだけ医療分野で信頼を得てきた実績があり、古くからあり長年続いている治療こそ安心できるという側面もあります。私たち医療者は科学者としてきちんとエビデンスに基づいた医療を選ぶ目を持たなければなりません。そんなことをあらためて考えさせられる貴重な機会でした。


土曜日は当クリニック金曜日の美容担当のあや先生と一緒でした。あや先生は翌日は先月の豪雨被災地の倉敷でボランティア活動を行うとのことで、午前の診療後の忙しい時間を縫っての参加です。あやクリニックは先の熊本地震の時にもスタッフ総出でボランティア活動を行うなど、社会貢献にも熱心で本当に頭が下がります。

これからも私たちが今できること、を日々考えながら診療にあたります。

台風が近づいていますので、皆様もお気をつけてお過ごしくださいね。

 

ゆりクリニック

院長 矢吹有里

 

カンファタブルエイジングのすすめ

7月もあっという間に月末です。今月は豪雨災害があったり、その後の猛暑、週末の台風と大変なひと月でした。日頃の備えの大切さを実感する毎日でもありました。被災された方々が少しでも早く安心した生活に戻れますように。心よりお見舞い申し上げます。

 

 今日は、年齢を重ねることについて私が思っていることについてお話ししたいと思います。

私も更年期と呼ばれる年齢を迎え、体の変調を感じる毎日です。特に40歳を過ぎてからは疲労がなかなか取れず、急性期病院に勤務していた頃は当直明けで寝不足だと、その後回復するまでに数日かかるようになりました。恥ずかしながら、自分の体に耳を傾けるようになったのはこの頃からです。それまでは忙しさにかまけて自分の体をいたわることはほとんどありませんでした。整形外科医としてバリバリと音を立てながら頑張ってきた体力を過信して、食事を抜いたり、夜更かしをしたり、深酒をしたり、休みの日も動き回って体を休めなかったり…。医者の不養生とはよくいったものです。それでもなんとなくやっていけた、というのが正直なところでした。丈夫に産んでくれた両親に感謝しなければなりませんね。

でも、「疲れたー」と感じたときに、じっくりと自分の体と対話するようになると、ひと月の間にもホルモンの変化によって体調や気分に変化があることがよくわかるようになりました。それ以来、疲れているときはなるべく気持ちをゆったり持つこと、「私、疲れているの。誰のせいでもなくホルモンのせいなの。」と家族に伝えること(これは意外に自分も家族もスッキリして効果的です)、早めにたっぷり睡眠をとることなどを心がけています。

誰でも年齢は重ねるものです。

体の変化はなかなか受け入れられるものではないかもしれません。でも、年齢のせいと諦めずに変化の仕組みを理解して、私たち女性がホルモンにどれほど影響を受けているかを知ると、疲れている時には体を労ってあげる、大丈夫な時にはちょっと頑張ってみる、などメリハリの効いた生活ができるようになる気がします。

こんな風に過ごしながら、元気で仕事をして、美味しいものを食べて飲んで、好きな人たちと楽しく過ごす時間ができるだけ長く続くことが私の理想です。

年齢にあらがうだけのアンチエイジングではなく、自分にとって心地よい年齢の重ね方=カンファタブルエイジング、は私がおすすめしたい年齢の重ね方です。それぞれの人が無理なく、自分らしく年齢を重ねること。病気があっても、日常の生活をうまくやり過ごしながらご機嫌でいられるとしたら、それはそれで幸せかもしれません。

ゆりクリニックは皆様のカンファタブルエイジングのお手伝いをしたいと思っています。なんとなく不調だな、と感じたら、どんな小さなことでもご相談ください。

 

写真は今話題の矢部太郎さんの『大家さんと僕』。大家さんと矢部さんの交流がほわっと温かくてとても素敵です。

           f:id:yuriclinic:20180728213205j:plain

 

ゆりクリニック

院長 矢吹有里